もし、オンラインカジノが将来とり締まられるとすれば、通達が事前に出るはずであり、それまではプレイを安心してできます。次に精細ご説明をしますが、「安心してオンラインカジノを楽しめます」ということにひとことでいうになります。

 

日本の刑法の適用を海外のオンラインカジノは受けることはないため、一方にだけ適用をするのはし兼ねるです。パチンコとか競馬みたいなギャンブル性のたいへん摩天賭け事が合法であるなら、管理人としては、それらと比較をしてはるかにギャンブル性の矮小(控除の率2〜5%)オンラインカジノは、「利用を禁止しない」という現在の状況のようなスタンスでいいと思ってます。

 

現行法で適否が問題となるのは、刑法185条(単純賭博罪)、同法186条1項(常習賭博罪)ですが、必要的な共犯がこれらはないし対向犯、すなわち違法と相手方とセットでされる犯罪です。なお、ライセンスをもらってその国でオンラインカジノの会社は合法的に運営されているため、とり締まりはむずかしいといわれています。

 

ハッキリといわせていただきますが、違法ではありません。取締る事はオンラインカジノの利用を禁止法律がない現在は、困難でしょう。

 

参加を日本の国内からすることについては、明文で規定した法律はなく、判例もまだ出ていません。それに、オンラインカジノプレーヤーは日本では数十万名いるといわれていますが、ひとりもまだ取りしられてはいません。

 

心配ですヨネ。また、最近NHKのTVでオンラインカジノが放送されたり、全国いろんなところで税収を増やすため、カジノ設置の動きが出ていますし、オンラインカジノも娯楽として今後はだんだん認められ、広まっていくのではと密かに管理人は思っています。

 

意見が専門家の間でも分かれるところデス。アンティグアなどのカリブ海諸国、英領ジブラルタル等の各国政府によってオンラインカジノはライセンス(運営用免許)を受けて合法的に運営をされています。

 

初めからオンラインカジノが違法なのか?だが、法律がないため、残念ながら合法とはなってません。